パンプスに染み付いた臭いはもう取れない!?

パンプスに染み付いた臭いは取れない!? パンプスの臭いが気になる女性は少なくありません。
染み付いた臭いの原因は、汗だと思っている人も多いかもしれませんが、実は、汗をエサにして雑菌が繁殖することで、臭いが発生してしまいます。
ただ、雑菌が繁殖しただけでは臭いが発生するわけではなく、雑菌の栄養が豊富で、高温多湿の環境がそろうことが、発生条件となります。
スニーカーなどは、靴下を履くため、汗は靴下に吸い取られますが、パンプスの場合、ストッキングなどの汗を吸い取りにくい素材のものを履いているため、足からでる汗や皮脂が、ダイレクトにパンプスに染みていき、雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの分子が付着していきます。
また、じめじめとした靴内では、どんどん雑菌が繁殖してしまい、ニオイ分子が吸着されていきます。
さらに、あまり洗うこともないために、取れないニオイとなってしまいます。
そのため対策として、同じものを毎日履かない、除菌してあげるということが大切です。

パンプスの気になる臭いはキレイな足裏から

パンプスの気になる臭いはキレイな足裏から パンプスの気になる臭いは、キレイな足裏からスタートです。
以外に見落としがちなのが、足の裏等存在です。
シャワーで軽く流せば、それで良いと思ったら大間違いです。
足には5本の指がついていますし、その隙間は汗や汚れもたまりやすいです。
足の裏は大地を毎日踏みしめていますので、角質も汚れもたまりやすくて、ガサガサになっていたり、汚れはストックされやすい環境です。
足葉裏までのケアをしっかりすることを、念頭に置く必要があります。
バスタイムには、足の指の隙間まで、世間やボディソープで洗いましょう。
定期的に足の裏の厚くなった角質は、スクラブなどで柔軟にさせて、落としてしまう必要もあります。
自宅でできるケアなので、角質除去もしましょう。
パンプスの臭い現象のためにも、足は裏まで清潔を維持する必要があります。
バスマットも洗ってよく干して使い、足の裏までタオルで拭きましょう。
その上で、足は指や裏まで、ボディクリームでのケアも欠かすことなくします。