パンプスの臭い取りはよく乾かす事がポイント

よく乾かす事がポイント 女性ならパンプスの臭いを一度は気にしたことがあるのではないでしょうか。
OLをはじめ、営業や接客業などのビジネスシーンだけではなく、普段の服装でも、活躍してくれるパンプスは、女性の必須アイテムといえます。
ただ、スニーカーなどとは違い、パンプスを洗うという機会はそれほどなく、足のいやな臭いが漂ってしまうことも少なくありません。
そもそも臭くなる原因は、足の臭いが根本的な原因です。
足裏や足の指などの足先には、剥がれた落ちた古い角質や、汗などがまざった垢がたまりやすく、汚れやすい場所となっています。
また、パンプスなどの足を覆ったままでいると、蒸れやすく、その蒸れによって細菌が繁殖して、強烈なしの臭いが発生します。
こういった時の対策として、中敷きを使用することが効果的です。
中敷きは足裏からの汗が直接靴底にしみこむことを防いでくれますし、消臭や通気性の機能がついたものもあるので、足のいやなニオイ成分も消してくれます。
また、履き終えた靴は、陰干しして乾かすことも大切です。
細菌は湿気を好みますから、できるだけ湿気を取り除き、新聞紙や乾燥剤を入れておくと、乾燥しやすくなるのでおすすめです。
忙しくて時間がない場合には、市販の靴用のスプレーで最低限のケアをしてあげましょう。

パンプスの臭いは重層足湯で解決!

パンプスの臭いは重層足湯で解決! 暑い季節になると、特に足の臭いが気になってくる人は多いです。
仕事がら、パンプスを履く女性はストッキングを着用するため、なおさら気になります。ストッキングは化学繊維のため、靴下のように汗を吸わないからです。
足の臭いは、汗が原因です。足は汗腺の多い場所でもあります。
汗をかくとパンプスの中が蒸れやすくなります。蒸れて湿度の高い状態は、雑菌の増殖を進行させるのです。
雑菌が増殖すると臭いも増加します。できるだけ、毎日違うパンプスを履いて、パンプスの中を乾燥させるとよいです。
気になる足には、重層足湯がおすすめです。重曹には消臭効果があるからです。
重曹はアルカリ性で、足のつめや角質にある臭いの元となる物質を中和させる働きを持っていることによります。
用意するものは重曹とお湯と洗面器です。洗面器にお湯をはって重曹を入れるだけです。
重曹は小さじ1杯分、お湯は30~40度ぐらいにします。
重曹は肌に合わないこともあるので、多くても大さじ3杯までにし、効果を感じるまで徐々に増やしていくとよいです。
足をつける時間は10~15分程度、長くても30分程度です。軽く洗い流して、タオルで拭いたら完了です。
毎日使用しても構いません。敏感肌の人は濃度に気をつけて使用しましょう。

おすすめのにおい対策関連リンク

気になるにおいについてその原因や解決策をお届けしてくれる情報サイト

車の臭い対策なら